ホーム80kei(景)一覧 > 138 (洋館:ようかん)の フランス(瓦:がわら)や (霞台:かすみだい) 霞台

138 (洋館:ようかん)の フランス(瓦:がわら)や (霞台:かすみだい) 霞台


 霞台には昭和初年に当時の流行として建てられた洋館付き住宅が今も数軒残っています。
 1938(昭和13)年に、シェレル神父が私財を投じ、フランスからステンドグラスなどを取り寄せて建てた教会が今もあります。木造のロマネスク様式で、細かいところまで、手の込んだ美しい建物です。

 絵札の御宅は1931(昭和6)年築とのことで現在も写真の通り残っています。

【フランス瓦】
 明治初め、日本で初めてA.ジェラール「ジェラール瓦」として横浜で生産しました。その後、関東大震災でジェラール瓦で葺かれた建物もほとんど倒壊しました。その後、愛知県などで新たに生産され、横浜でも使われました。
 フランス瓦は長方形表面の中央にくぼみを付け、千鳥状に葺くため、凹凸が小さい割には水切りが大変よい瓦です。装飾は立物(鬼瓦など)やバルメットなどフランス瓦独特の形です。
 バルメットとはランス瓦の棟飾に用いられ、扇状のシュロの葉をモチーフにしたものです。
「洋館付き住宅の魅力がわかる本」(よこはま洋館付き住宅を考える会発行)から転載しました。
 
photo0 photo1 photo2 photo3
写真をクリックすると拡大します。
http://yyjk.at.infoseek.co.jp/
 

カルタ

ほどがやふるさとカルタ2009ができました。区内の全町を網羅しています。

一覧

まつり・イベント

丘のまち保土ヶ谷。高台から眺めれば西に富士山、東にみなとみらいとベイブリッチ・・・

詳細

歴史

東海道保土ヶ谷宿。日本のメインストリートに置かれた江戸から四番目の宿場町・・・

詳細

風習・風物詩

まちの<顔>、商店街。馴染みの店主の暖かい笑顔、いつもこの場所に居てくれる安心感・・・

詳細

芸術

公園・駅・オフィスタワー・アートギャラリー・歩道橋・・・

詳細

名物

水と緑と歴史のまち、保土ヶ谷。太古からこの地に人が住みついたその訳は・・・

詳細

アーカイブス
mobile
モバイルサイト
addr